被害妄想の強さ



被害妄想の強さ

被害妄想の強さも、今一度チェックしないといけない項目の1つであると言って良いでしょう。これも浮気調査が必要になると、どちらかと言えば疎かにされてしまいがちです。しかし、この点を完全に無視して自分から逃げたところで、浮気に関する問題は何も解決しないものです。仮に表面上は問題が解決したとしても、実は根本的には解決していないことも多々あります。では、被害妄想の強さについて見てみると、一体どんな特徴が見られるでしょうか。

これについては、色々な事象について他人のせいにする傾向があります。本当のことを言えば、どんな結果であっても、それは自分の思考や行動が元になっているのに、それを他責にしてしまう傾向にあるのです。この段階で、自分と正面から向き合うような機会がないのです。これではどんなことも他人に責任をなすりつける傾向になるのは、決して無理のないことです。また、それだけでなく、「このような悪い結果になるのは、自分だけだ」みたいに、どこか被害妄想が強くなるのです。浮気調査が必要になって何とか解決しようとしているのは、自分だけではないのに、それに関して苦しんでいるのは、あくまでも自分だけといったような気持ちになってしまうのです。

これは被害妄想の強さが存在するからに他ならないのです。もっと冷静になって自分と向き合ってみれば、浮気に関する問題と向き合っている人は、自分以外にも居ることに気づくものです。そのように気持ちが変化すれば、解決への第一歩を踏み出すことができるのです。

関連記事

  1. 自己中心的な性格
  2. パートナーへの信頼
  3. 普段からのコミュニケーション
  4. 愛情表現の仕方